デイトレードってどんな手法?儲けの仕組みは?初心者の方が疑問に思うデイトレの基礎・入門知識をご紹介します。

デイトレード(デイトレ)とは?

少ない資金でもリスクを抑えて稼ぎやすい!!株初心者がスタートしやすい優れた投資手法

資産160万を200億にしたジェイコム男ことB・N・F氏や、国内市場を動かすとも言われているcis(シス)氏など、国内トップクラスのデイトレーダーの活躍を見て、デイトレードを始めてみたいと考える方も多いのではないでしょうか?

デイトレードに注目や関心が高まる一方で、初心者の第一印象は「始めるために大きな資金が必要」「中長期投資と比べてリスクが高い」など、ネガティブなイメージになりがちです。

世間のイメージとは反対に、デイトレードは資金効率の良さから小額からでも投資をスタートでき、リスクコントロールもし易い初心者でも始めやすい投資手法です。
このページでは、デイトレードを始めるために必要な基本的な知識として、その特徴や魅力・ほかのトレード手法との違いなどをご紹介します。

デイトレードが注目を集めるワケ。資金効率とリスク管理に優れた2つの特徴

デイトレードという投資手法には、大きく2つの特徴があります。ひとつは「株式の売買をその日のうちに完結させ、翌日にポジションを持ち越さないこと」。もう一つが「同じ資金を取引時間内で繰り返し回転売買させること」です。

デイトレードの2つの優れた特徴

デイトレードの2つの特徴によって、リスクの大半を株価の変動に限定した取引ができ、資金効率の良さから小額でも利益を積上げることを可能としています。

このように、その日のうちに売買を完結させ運用益を上げる投資家のことを「デイトレーダー」と呼びます。ブログやSNSで注目されるデイトレーダーの中には、専業主婦からサラリーマンなど、職業や生活環境を問わず兼業で取引している方も多くいます。

こうした兼業トレーダーの大半は、デイトレードの優れた特徴を有効に活用して隙間の時間を使って利益をコツコツと積上げているのです。

資金効率を高め小額でも利益に変える!ループトレード

デイトレード人気の理由のひとつは、資金効率がよく小額資金からでも投資ができることです。この資金効率の良さには、現物取引と信用取引を上手く使いわけた「ループトレード(日計り取引)」が大きく関係しています。

ループトレードとは、同じ資金をつかって銘柄を乗り換えながら繰り返し取引する、現物取引における売買手法のことです。デイトレードはこのループトレードを活用することで資金効率を高め、少ない資金でも利益に変えていくことができます。

ループトレード(現物取引)とは?

また、資金効率をさらに良くする方法が、現物取引と信用取引をあわせたループトレードです。現物取引の場合、1日のうちに同じ資金・同じ銘柄を何度も売買することは「差金決済取引」に該当するため、法律で禁止されています。

この差金決済取引の問題を解決させる方法が、現物取引だけじゃなく信用取引も取り入れたループトレードです。

ループトレード(信用取引)の仕組み

信用取引の場合は、銘柄の乗り換えはもちろん、同じ銘柄を何度も回転売買することが可能となり、資金効率をさらに高めたトレードができるようになるのです。デイトレードは、この2つのループトレードを使いわけることで資金効率を良くし小額資金からでも利益をコツコツと積上げることを可能にします。

オーバーナイトリスクなし!リスクの大半を株価の変動に限定

デイトレードは、ポジションを翌日に持ち越さないことで「オーバーナイトリスク」を取らず、リスクの大半を株価変動に限定したトレードができます。

デイトレ・スイングのオーバーナイトリスク比較

オーバーナイトリスク(持ち越しリスク)とは、株価を翌日に持ち越すことで発生するリスクのことで、取引時間外に起こる欧米市場や為替相場の急変、大引け後のネガティブなニュースや悪材料の発表など、多くの投資家が抱える株価急落の危険性です。

1日の取引時間中に注文から決済までを完結させるデイトレードは、こうした取引終了後に発表される国内外の経済指標や企業業績などの影響を受けない利点があります。つまり、デイトレードはリスクの大半を株価の変動だけに絞った取引ができます。

逆に中長期投資の場合は、国内外の経済指標はもちろん、金利や為替などの変動リスクや企業の倒産リスクなど、株式の保有期間が長ければ長いほど株価への影響とリスクは高くなるのです。

短期トレード(デイトレード・スイング・スキャルピング)の種類と手法の違い

株式投資には、短期・中期・長期といった株式の保有期間に応じた投資スタイルがありますが、デイトレードは「短期トレード」に分類される取引手法です。ほかには「スキャルピング」、「スイングトレード」と、短期トレードの中でも保有期間の違いによって3種類の手法に分類されています。

トレードスタイル 取引時間 手法・特徴
スキャルピング
(超短期売買)
数秒~5分程度 株式だけでなくFX取引でも良く使われる手法。主に1分足や5分足チャートを指標にし、数秒から5分ほどで取引を完了させる。レバレッジ(信用枠)を活用したトレードで、小さい利幅を積上げるスタイル。
デイトレード
(短期売買)
数分~数時間 売買をその日のうちに完結させ、ポジションを翌日に持ち越さない手法。リスクの大半を取引時間内の値動きに限定させることができ、数分から数時間(取引終了まで)の値幅で利益を上げるスタイル。
スイングトレード
(中長期売買)
数日~数週間 数日から数週間ほどポジションを保有し、相場の波(トレンド)に合わせ銘柄を乗り換えながら値幅を狙う手法。スキャルピングやデイトレードに比べて利益の幅が大きい反面、リスク管理が難しい。

どのトレードスタイルにもメリットとデメリットがあります。大切なことは、自分の生活環境や生活スタイルに合った取引手法を採用し、取引ルールを安易に崩さないことです。

まとめ

デイトレードとは、ポジションを翌日に持ち越さず、当日で売買を完結させる投資手法のこと。資金効率が良くリスク管理に優れた特徴をもつため、誰もが持つ悩み「資金量」と「損失幅」を大きく軽減することができます。

この優れた特徴を活かし、デイトレードを新たな収入源に加えるためには、正しい知識とトレード環境が必要です。是非、他の記事も参考にして、デイトレードを始めるきっかけにして下さい。

TOP

Copyright © 2017 デイトレードのカタチ All Rights Reserved.