2438 アスカネットのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りします。

  1. デイトレードのカタチ >
  2. デイトレ銘柄一覧 >
  3. 2438 アスカネット

2438 アスカネット

2438 アスカネットのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りしていきます。

2438 アスカネットの最新デイトレ銘柄コメント

(2022/03/01:前日比+13.35%上昇)

アスカネットが大幅続伸。1日放送のテレビ東京系番組「ニュースモーニングサテライト」内で同社が紹介されたことが好材料視されている。「輝く!ニッポンのキラ星」コーナーで取り上げられており、【7337】ひろぎんホールディングス傘下の広島銀行が同社の空中ディスプレイを採用したATMが導入されたことなどが紹介された。また、本日午後にはASKA3Dプレートを活用した接客ソリューションシステムがNTTドコモ 中国支社より広島県庁に導入されたことも発表されている。

▼現在出ている「買いシグナル」
ありません

▼現在出ている「売りシグナル」
25日移動平均乖離率
75日移動平均乖離率
サイコロジカル
75日線形回帰トレンド

2438 アスカネットの株価チャート

2438 アスカネットの株価チャート

2438 アスカネットの銘柄情報

事業内容

個人向け写真集を作成、販売し、関連するソフトウェアを開発するフォトブック事業、葬儀社向け遺影写真のデジタル加工及び動画の配信等を行うフューネラル事業や空中結像技術を基に空中ディスプレイ事業。

企業情報

商号株式会社アスカネット
上場2005年4月14日
本社所在地広島県広島市安佐南区祇園3-28-14
HPアスカネットHP

2438 アスカネット過去のデイトレ銘柄コメント

(2022/02/22:前日比-16.51%下落)

大幅反落。18日、東京証券取引所は21日売買分から信用取引に関する規制措置を強化すると発表。新規の売り付け及び買い付けに係る委託保証金率を、50%以上(うち現金20%以上)に引き上げられた。また日本証券金融も貸借取引自己取引分及び非清算者ごとの清算取次貸借取引自己取引分の貸借担保金率を50%(うち現金20%)とした。21日にはスペイン・バルセロナで開催される世界最大級のモバイル技術の見本市「MWC Barcelona 2022」の日本パビリオンに空中ディスプレーを出展することを発表し後場に急騰したが、本日は再び利益確定や信用取引の規制強化を材料とした売りなどが優勢となったようだ。

(2022/02/02:前日比+20.05%上昇)

アスカネットは急反発、ストップ高に。1月28日に同社の空中映像表示プレート「ASKA3Dプレート」を使用した非接触・空中ディスプレイPOSレジ「デジPOS」の実証実験を行うことが発表された。2月1日から都内のセブン-イレブン6店舗で順次開始されており、これを期待する買いが再燃しているもよう。また、複数のメディアが紹介したことも改めて材料となったようだ。

(2022/01/28:前日比+17.22%上昇)

アスカネットは大幅続伸。本日、【3382】セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン-イレブン・ジャパンにて同社の空中映像表示プレート「ASKA3Dプレート」を使用した非接触・空中ディスプレイPOSレジ「デジPOS」の実証実験が開始されることを発表。空中ディスプレイがセルフPOSレジに採用された実証実験は世界初で、同社の技術により、セルフレジ画面を空中に結像し、空中に浮かんだ映像をタッチパネルと同様に操作する事を実現したという。2月1日から都内のセブン-イレブン6店舗で順次開始される。

(2020/12/9:前日比10.16%下落)

大幅反落。8日の大引け後に決算を発表、21年4月期第2四半期累計(5-10月)の営業損益は5600万円の赤字(前年同期実績3億2300万円の黒字)へ転落し着地。新型コロナ感染拡大の影響からパーソナルパブリッシングサービス事業において主力のウェディング向けが落ち込んだ。メモリアルデザインサービス事業は葬儀の小型化が継続しており、動画などの葬儀演出サービスの受注が厳しくなっている。回復の鈍さから通期同利益を従来の4億3600万円から2億円(前期比71.8%減)へと減額修正した。

2438 アスカネットに関連するテーマ

2438 アスカネットが含まれるテーマは以下の通り。関連株・関連銘柄探しの際の参考にしてください。

業種:

新生ジャパン投資の画像

TOP

Copyright © 2022 デイトレードのカタチ All Rights Reserved.