3491 GA technologiesのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りします。

  1. デイトレードのカタチ >
  2. デイトレ銘柄一覧 >
  3. 3491 GA technologies

3491 GA technologies

3491 GA technologiesのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りしていきます。

3491 GA technologiesの最新デイトレ銘柄コメント

(2022/03/24:前日比+15.26%上昇)

大幅続騰、ストップ高に。本日午前10時、グループ会社であるイタンジ提供の不動産関連電子契約システム「電子契約くん」とオリコフォレントインシュアの賃貸保証サービスの連携開始を発表。本連携により賃貸保証契約手続きの大幅な効率化を促進する。また既にイタンジ提供の不動産関連WEB申込受付システム「申込受付くん」とも連携していることから、本連携と併せて活用することで賃貸保証サービスの審査から契約までを一気通貫で完結させることが可能となる。

▼現在出ている「買いシグナル」
ありません

▼現在出ている「売りシグナル」
RCI
25日移動平均乖離率
75日移動平均乖離率
75日線形回帰トレンド
ボリンジャーバンド

3491 GA technologiesの株価チャート

3491 GA technologiesの株価チャート

3491 GA technologiesの銘柄情報

事業内容

PropTech総合サービス「RENOSY」の運営。中国⼈投資家向けプラットフォーム「神居秒算」など海外PropTech事業も展開。SaaS型のBtoB PropTechプロダクトの開発やAIを活用した不動産ビッグデータの研究なども。

企業情報

商号株式会社GA technologies
上場2018年7月25日
本社所在地東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
HPGA technologiesHP

3491 GA technologies過去のデイトレ銘柄コメント

(2021/12/02:前日比-13.52%下落)

GA technologiesが急落。11月30日の大引け後、グループのリノシーアセットマネジメントは業界初の賃貸管理プラン「NEOインカム」の提供開始を発表。従来提供していた3つの賃貸管理プランのうち、マスタープランに代わる新たなプランで、ビジネスモデル特許出願中の将来集合債権譲渡型賃料収受スキームを利用した賃貸管理プランとなっている。不動産オーナーが入居者に対して有する賃料債権を同社が一括で買い取り、実際の賃料発生の有無にかかわらずその対価を支払うという。これを好感した買いが入っていたが、本日は値下がり率上位に売られる展開となった。

(2021/9/15:前日比-20.31%下落)

大幅続落、大引けでストップ安比例配分に。14日大引け後に21年10月期第3四半期累計(20年11月-21年7月)決算を発表。営業損益は2億8400万円の赤字(前年同期実績6億8400万円の黒字)に転落。また同時に通期の業績予想について、同損益を従来予想の24億5500万円の黒字から4億9000万円の赤字(前期実績18億8800万円の黒字)へ下方修正した。短期間でRENOSYマーケットプレイス事業などの市場シェアを高めるべく、取引量を増加。それに伴い調達価格が高騰した商品が増加し、従前の計画よりマージンの低い取引が多く発生したことが要因としている。

(2021/3/16:前日比-19.46%下落)

大幅続落。15日の大引け後、21年10月期第1四半期(20年11月-21年1月) 連結決算を発表。売上高は120億8200万円(前年同期比22.8%増)、営業損益は6億4400万円の赤字(前年同期実績4600万円の赤字)で着地となった。「RENOSY(リノシー)」は会員数が増加し売上も順調となったが、セールス人員を別部門への異動させたこと、商品調達の質・規模を拡大したことにより粗利率が低下した。広告宣伝費や積極的な採用活動による人件費が損益悪化につながったようだ。通期見通しについては、従来予想を据え置いた。

(2021/1/5:前日比-14.32%下落)

大幅続落。4日大引け後、公募による新株発行とオーバーアロットメントによる株式売り出しを発表。公募で435万株を発行するほか、需要動向を見ながら65万2500株を上限としたオーバーアロットメントによる売り出しを実施する。調達資金135億円については各種ソフトウェアの機能拡充への投資、グループ全体及びRENOSYの広告費やRENOSY iBuyer事業の規模拡大に向けた運転資金などに充てるとしている。発行済み株式数は最大約17%増となることから株式価値の希薄を警戒した動きとなった。

(2020/6/25:前日比16.64%上昇)

GA technologies急騰、ストップ高に。本日午前10時に【9501】東電HD傘下のPinT(ピント)と同社グループのイタンジとの協業が発表された。双方のサービス連携により賃貸管理会社は賃貸物件の内見時における電気契約切替の自動化をすることが可能となるという。また午前11時にはグループ会社であるRENOSY X(リノシー クロス)が、不動産営業を強化するオンライントレーニング動画コンテンツ「リノトレ」のサブスクリプション提供を開始したことを発表。共に好材料とされ買いが入ったようだ。

(2020/6/18:前日比19.42%上昇)

続急騰、ストップ高となり年初来高値を更新。本日午前11時、不動産取引のオンライン化を推進するため、不動産の売却・査定サービス「RENOSY スマート売却」における媒介契約の電子化を実現したと発表しており好感された。これにより、売却の意思決定から最短10分で媒介契約の締結が可能となる。従来の不動産取引は書面交付が義務付けられており、紙や押印の契約慣行を電子化は困難と考えられていた。今回電子化した契約書面をクラウド上にアップロード、記名押印の代わりに電子署名で契約を締結後に書面を売主へ交付し媒介契約を締結する。

3491 GA technologiesに関連するテーマ

3491 GA technologiesが含まれるテーマは以下の通り。関連株・関連銘柄探しの際の参考にしてください。

業種:

新生ジャパン投資の画像

TOP

Copyright © 2022 デイトレードのカタチ All Rights Reserved.