6982 リードのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りします。

  1. デイトレードのカタチ >
  2. デイトレ銘柄一覧 >
  3. 6982 リード

6982 リード

6982 リードのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りしていきます。

6982 リードの最新デイトレ銘柄コメント

(2022/01/20:前日比+18.08%上昇)

リードは大幅続騰。本日、アニールレス技術を用いた外装樹脂製品の量産を開始したことを発表。この外装樹脂製品は、【7270】SUBARUが発売開始しているWRX S4全車に採用(装着)され、日本国内だけでなく北米をはじめとした主要各国にも輸出されるという。また、アニールレスの技術は熱処理工程を必要としないことから二酸化炭素(CO2)排出量の削減に寄与し、環境に配慮した工程を実現するとしている。

▼現在出ている「買いシグナル」
ありません

▼現在出ている「売りシグナル」
RSI
25日移動平均乖離率
75日線形回帰トレンド
ボリンジャーバンド

6982 リードの株価チャート

6982 リードの株価チャート

6982 リードの銘柄情報

事業内容

自動車メーカーSUBARU向けにバンパーやドア、ハンドブレーキレバーを始めとする自動車用部品を製造が主力。電子機器用各種システムラック・ケースも製造。

企業情報

商号株式会社リード
上場1963年7月1日
本社所在地埼玉県熊谷市弥藤吾578
HPリードHP

6982 リード過去のデイトレ銘柄コメント

(2021/4/5:前日比20.33%上昇)

急騰、ストップ高比例配分に。2日にアニールレスに関する特許の出願を発表。「成形体の製造⽅法および成形体に関するもの」で、自動車用外装樹脂部品は経年や熱による⼨法変化を抑えるアニール処理の省略を実現した。樹脂材料のPP(ポリプロピレン)主材とマスターパッチ(添加剤)を混合し成形体を射出成形することで、アニール処理の省略が叶内となった。これにより部品費の削減ができ、価格競争力を高めると同時に環境に配慮した工程を実現するという。

(2020/11/20:前日比22.92%上昇)

リードが急騰、ストップ高に。本日付の日刊工業新聞が「自動車用外装部品で熱に伴う収縮変化を防ぐアニール処理を行わず品質を維持できる技術を確立した」と報じており、これが材料視されている。材料メーカーと開発した収縮変化に強い材料を用いてアニール処理の工程を短縮、部品費を15-30%削減するという。21年度中にも適用部品の量産を始める予定としているようで、主要顧客である【7270】SUBARUに納入予定という。

(2020/5/25:前日比19.75%上昇)

リード急騰、ストップ高。21日大引け後に20年3月期決算を発表。売上高は64億4400万円(前年比10.3%増)、営業利益は1億2400万円の黒字(前期6400万円の赤字)に転換して着地となり、好材料となっている。主力である自動車用部品事業で量産部品・補修部品の受注が拡大となったこと、省人化の推進や予算管理の徹底から製造諸経費の大幅削減ができたことなどが貢献している。また、新型コロナウイルス感染症拡大の影響から21年3月期の業績見通しと今期年間配当は未定とした。

(2020/2/7:前日比20.57%上昇)

急騰、ストップ高。6日大引け後に20年3月期業績と配当の修正を発表。営業利益が従来予想の1000万円から1億1000万円(前期実績6400万円の赤字)へ、純利益が同2500万円から1億1000万円(前期比10.0%増)へと大幅な増益修正し、好感された。売上高が当初の計画を上回ること、更に省人化の推進などから生産性が改善したことが利益を押し上げとなった。期末一括配当も従来計画の4円から10円へと増額修正し、こちらも好感された。

6982 リードに関連するテーマ

6982 リードが含まれるテーマは以下の通り。関連株・関連銘柄探しの際の参考にしてください。

業種:

新生ジャパン投資の画像

TOP

Copyright © 2022 デイトレードのカタチ All Rights Reserved.