2022年7月27日前場にデイトレードで注目したい銘柄として【デイトレ】明日の銘柄予想(東証グロース市場) 4890 坪田ラボ、3995 SKIYAKI、4477 BASE、6550 Unipos【デイトレード】明日の銘柄予想(東証スタンダード市場) 5381 Mipox などをピックアップ

  1. デイトレードのカタチ >
  2. 銘柄・株 >
  3. 【デイトレード】明日のデイトレ注目銘柄予想(2022/07/27)前場

【デイトレード】明日の注目銘柄予想(2022/7/27)前場

2022年7月27日前場にデイトレードで注目したい銘柄を予想。

【デイトレード】明日の銘柄予想(東証グロース市場)

4890 坪田ラボ
3995 SKIYAKI
4477 BASE
6550 Unipos
4596 窪田製薬ホールディングス
4475 HENNGE
3664 モブキャストホールディングス
2586 フルッタフルッタ
4570 免疫生物研究所
3936 グローバルウェイ

【デイトレード】明日の銘柄予想(東証スタンダード市場)

5381 Mipox
1514 住石ホールディングス
8572 アコム
4777 ガーラ

【デイトレード】明日の銘柄予想(東証プライム市場)

8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ
6619 ダブル・スコープ
9984 ソフトバンクグループ
5020 ENEOSホールディングス

【デイトレード】明日の銘柄予想(材料株情報)

該当なし

2022年7月27日に決算発表を予定している主な銘柄

1723 日本電技
1944 きんでん
1946 トーエネック
1959 九電工
1967 ヤマト
2359 コア
2413 エムスリー
2491 バリューコマース
2715 エレマテック
2760 東京エレクトロンデバイス
2811 カゴメ
3275 ハウスコム
3839 ODKソリューションズ
3850 NTTデータ・イントラマート
4043 トクヤマ
4063 信越化学工業
4107 伊勢化学工業
4366 ダイトーケミックス
4498 サイバートラスト
4550 日水製薬
4552 JCRファーマ
4615 神東塗料
4626 太陽ホールディングス
4726 SBテクノロジー
4751 サイバーエージェント
5344 MARUWA
5484 東北特殊鋼
5486 日立金属
5612 日本鋳鉄管
5809 タツタ電線
5907 JFEコンテイナー
6345 アイチコーポレーション
6382 トリニティ工業
6436 アマノ
6455 モリタホールディングス
6617 東光高岳
6807 日本航空電子工業
6810 マクセル
6822 大井電気
6858 小野測器
6954 ファナック
6955 FDK
7211 三菱自動車
7250 太平洋工業
7276 小糸製作所
7477 ムラキ
7570 橋本総業ホールディングス
7735 SCREENホールディングス
7774 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
7839 SHOEI
7931 未来工業
8609 岡三証券グループ
8697 日本取引所グループ
8714 池田泉州ホールディングス
8914 エリアリンク
9022 JR東海
9436 沖縄セルラー電話
9478 SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ
9502 中部電力
9531 東京ガス
9551 メタウォーター
9932 杉本商事
9991 ジェコス

2022年7月26日に新規上場(IPO)を予定している銘柄

該当なし

【追記】デイトレ銘柄選びに「新生ジャパン投資」もおすすめ

新生ジャパン投資が配信した朝刊レポート

上の画像は相場界のレジェンドと称されていたりする高山緑星(本名:前池英樹)が代表を務めている「新生ジャパン投資」が配信した朝刊レポートの内容ですが、新生ジャパン投資は“「本日の無料推奨銘柄」を、市場営業日の毎朝8時40分頃に配信する【朝刊】にて提供”しています。

高山緑星(本名:前池英樹)さんは株式投資業界で25年以上にわたり数多くの大化け銘柄を輩出し続け、ラジオNIKKEI第1の株式情報番組「源太緑星株教室」等のメディアでもお馴染みの人ですが、新生ジャパン投資も高い知名度と実績がある人が代表を務めていることから多くの投資家に注目されてきている株情報サイトだと思います。

サラリーマン投資家や主婦業をしながら株式投資を行われている方など、“トレードを行う上でどういう情報を日々参考にすればいいのか分からない”という方も多いのではないかと思いますが、新生ジャパン投資は画像のように「世界マーケット動向」「本日の国内マーケット展望」「本日のマーケットスケジュール」「本日の無料推奨銘柄」など要点がまとめられた情報を寄り付き前に配信してくれるので、頭に入れておきたい情報を要領良くチェックするのにとても便利な株情報サイトではないでしょうか。

IJTTのチャート画像

上の画像は新生ジャパン投資が5月20日に「本日の無料推奨銘柄」として紹介した「IJTT(7315)」の5月18日から5月24日にかけてのチャートですが、画像を見ると5月20日にギャップアップで始まり前日より値幅が出ていますね。

この値動きは“利用者が多そうな新生ジャパン投資が寄り付き前に「IJTT(7315)」を「本日の無料推奨銘柄」として紹介したから”というのもあるかもしれませんね。

デイトレードは高い流動性(値動き)を期待できそうな個別銘柄の値幅をいかに上手く狙えるかどうかというのが大切になってくるかと思うので、多くの方が利用しているのではないかと考えられる株情報サイトをチェックしておくことで、こうした値動きの銘柄を上手く狙えたりするのではないかと思います。

IJTT(7315)はいすゞ自動車(7202)の系列部品3社が経営統合して発足した会社ですが、2022年3月期最終利益が前期比6.5倍増の54億円予想となっており、新生ジャパン投資では“中長期的には4桁乗せに向かう可能性秘める”と紹介されています。

こうした買い材料がある個別銘柄に関する情報を要領良く入手できたりするので、デイトレを行っていて銘柄選びに悩んだりすることがある人は、試しにでも新生ジャパン投資のような利用価値が高そうな株情報サイトを日々のトレードに活用してみることをお勧めします。

まとめると、利用者が多そうな新生ジャパン投資の配信情報をチェックしておけば、流動性(値動き)が増し出来高が増えるのではと思われる銘柄を上手く狙い、デイトレで利益を出していきやすいのでは?ということですね。

新生ジャパン投資が朝刊の「本日の無料推奨銘柄」で紹介している個別銘柄には「ロスカット値目安」も書かれているので、株価を下げた際にロスカット(損切り)をいくらぐらいですればいいかが不安という方も安心してトレードできるのではないかと思います。

今時は昔と比べトレードに役立つ情報をネットで簡単に集めることができるので、勝率・パフォーマンスを上げれるよう、こうしたサービスを上手くトレードに活用するようにしたいですね。

個別銘柄に関する情報や最新のマーケット情報などを無料で配信している新生ジャパン投資のような株情報サイトはデイトレとの相性がとてもいいと思うので、まだこうした株情報サイトを活用しないでトレードされている方は、株用のメールアドレスを登録して、日々配信される情報を試しにでも一度チェックしてみることをおすすめします。

新生ジャパン投資の画像

TOP

Copyright © 2022 デイトレードのカタチ All Rights Reserved.