2022年8月3日前場にデイトレードで注目したい銘柄として【デイトレ】明日の銘柄予想(東証グロース市場) 5035 HOUSEI、5031 モイ、4565 そーせいグループ、4477 BASE【デイトレード】明日の銘柄予想(東証スタンダード市場) 1514 住石ホールディングス などをピックアップ

  1. デイトレードのカタチ >
  2. 銘柄・株 >
  3. 【デイトレード】明日のデイトレ注目銘柄予想(2022/8/3)前場

【デイトレード】明日の注目銘柄予想(2022/8/3)前場

2022年8月3日前場にデイトレードで注目したい銘柄を予想。

【デイトレード】明日の銘柄予想(東証グロース市場)

5035 HOUSEI
5031 モイ
4565 そーせいグループ
4477 BASE
3995 SKIYAKI
3793 ドリコム
6181 タメニー
7047 ポート
3691 デジタルプラス
6255 エヌ・ピー・シー

【デイトレード】明日の銘柄予想(東証スタンダード市場)

1514 住石ホールディングス
7014 名村造船所
2323 fonfun
8746 第一商品

【デイトレード】明日の銘柄予想(東証プライム市場)

4689 Zホールディングス
4005 住友化学
9104 商船三井
6762 TDK

【デイトレード】明日の銘柄予想(材料株情報)

6718 アイホン
業績予想の修正に関するお知らせ

2022年8月3日に決算発表を予定している主な銘柄

1799 第一建設工業
1814 大末建設
1878 大東建託
2222 寿スピリッツ
2296 伊藤ハム米久ホールディングス
2307 クロスキャット
2335 キューブシステム
2371 カカクコム
2440 ぐるなび
2489 アドウェイズ
2730 エディオン
2816 ダイショー
3110 日東紡
3191 ジョイフル本田
3566 ユニフォームネクスト
3604 川本産業
3612 ワールド
3668 コロプラ
3910 エムケイシステム
4188 三菱ケミカルグループ
4312 サイバネットシステム
4403 日油
4452 花王
4471 三洋化成工業
4521 科研製薬
4540 ツムラ
4581 大正製薬ホールディングス
4642 オリジナル設計
4689 Zホールディングス
4739 伊藤忠テクノソリューションズ
4809 パラカ
4847 インテリジェントウェイブ
4967 小林製薬
4975 JCU
5104 日東化工
5217 テクノクオーツ
5411 JFEホールディングス
5446 北越メタル
5802 住友電気工業
5805 昭和電線ホールディングス
6073 アサンテ
6088 シグマクシス・ホールディングス
6188 富士ソフトサービスビューロ
6326 クボタ
6328 荏原実業
6418 日本金銭機械
6674 ジーエス・ユアサコーポレーション
6678 テクノメディカ
6745 ホーチキ
6849 日本光電
6888 アクモス
6952 カシオ計算機
6976 太陽誘電
7186 コンコルディア・フィナンシャルグループ
7270 SUBARU
7337 ひろぎんホールディングス
7451 三菱食品
7506 ハウスオブローゼ
7518 ネットワンシステムズ
7705 ジーエルサイエンス
7752 リコー
7951 ヤマハ
7974 任天堂
7991 マミヤ・オーピー
8006 ユアサ・フナショク
8020 兼松
8053 住友商事
8056 BIPROGY
8075 神鋼商事
8117 中央自動車工業
8130 サンゲツ
8158 ソーダニッカ
8355 静岡銀行
8522 名古屋銀行
8542 トマト銀行
8591 オリックス
8604 野村ホールディングス
8698 マネックスグループ
8935 FJネクストホールディングス
8944 ランドビジネス
9001 東武鉄道
9008 京王電鉄
9010 富士急行
9042 阪急阪神ホールディングス
9101 日本郵船
9107 川崎汽船
9312 ケイヒン
9412 スカパーJSATホールディングス
9413 テレビ東京ホールディングス
9543 静岡ガス
9699 西尾レントオール
9706 日本空港ビルデング
9857 英和
9913 日邦産業
9919 関西フードマーケット

2022年8月3日に新規上場(IPO)を予定している銘柄

該当なし

【追記】デイトレ銘柄選びに「新生ジャパン投資」もおすすめ

新生ジャパン投資が配信した朝刊レポート

上の画像は相場界のレジェンドと称されていたりする高山緑星(本名:前池英樹)が代表を務めている「新生ジャパン投資」が配信した朝刊レポートの内容ですが、新生ジャパン投資は“「本日の無料推奨銘柄」を、市場営業日の毎朝8時40分頃に配信する【朝刊】にて提供”しています。

高山緑星(本名:前池英樹)さんは株式投資業界で25年以上にわたり数多くの大化け銘柄を輩出し続け、ラジオNIKKEI第1の株式情報番組「源太緑星株教室」等のメディアでもお馴染みの人ですが、新生ジャパン投資も高い知名度と実績がある人が代表を務めていることから多くの投資家に注目されてきている株情報サイトだと思います。

サラリーマン投資家や主婦業をしながら株式投資を行われている方など、“トレードを行う上でどういう情報を日々参考にすればいいのか分からない”という方も多いのではないかと思いますが、新生ジャパン投資は画像のように「世界マーケット動向」「本日の国内マーケット展望」「本日のマーケットスケジュール」「本日の無料推奨銘柄」など要点がまとめられた情報を寄り付き前に配信してくれるので、頭に入れておきたい情報を要領良くチェックするのにとても便利な株情報サイトではないでしょうか。

IJTTのチャート画像

上の画像は新生ジャパン投資が5月20日に「本日の無料推奨銘柄」として紹介した「IJTT(7315)」の5月18日から5月24日にかけてのチャートですが、画像を見ると5月20日にギャップアップで始まり前日より値幅が出ていますね。

この値動きは“利用者が多そうな新生ジャパン投資が寄り付き前に「IJTT(7315)」を「本日の無料推奨銘柄」として紹介したから”というのもあるかもしれませんね。

デイトレードは高い流動性(値動き)を期待できそうな個別銘柄の値幅をいかに上手く狙えるかどうかというのが大切になってくるかと思うので、多くの方が利用しているのではないかと考えられる株情報サイトをチェックしておくことで、こうした値動きの銘柄を上手く狙えたりするのではないかと思います。

IJTT(7315)はいすゞ自動車(7202)の系列部品3社が経営統合して発足した会社ですが、2022年3月期最終利益が前期比6.5倍増の54億円予想となっており、新生ジャパン投資では“中長期的には4桁乗せに向かう可能性秘める”と紹介されています。

こうした買い材料がある個別銘柄に関する情報を要領良く入手できたりするので、デイトレを行っていて銘柄選びに悩んだりすることがある人は、試しにでも新生ジャパン投資のような利用価値が高そうな株情報サイトを日々のトレードに活用してみることをお勧めします。

まとめると、利用者が多そうな新生ジャパン投資の配信情報をチェックしておけば、流動性(値動き)が増し出来高が増えるのではと思われる銘柄を上手く狙い、デイトレで利益を出していきやすいのでは?ということですね。

新生ジャパン投資が朝刊の「本日の無料推奨銘柄」で紹介している個別銘柄には「ロスカット値目安」も書かれているので、株価を下げた際にロスカット(損切り)をいくらぐらいですればいいかが不安という方も安心してトレードできるのではないかと思います。

今時は昔と比べトレードに役立つ情報をネットで簡単に集めることができるので、勝率・パフォーマンスを上げれるよう、こうしたサービスを上手くトレードに活用するようにしたいですね。

個別銘柄に関する情報や最新のマーケット情報などを無料で配信している新生ジャパン投資のような株情報サイトはデイトレとの相性がとてもいいと思うので、まだこうした株情報サイトを活用しないでトレードされている方は、株用のメールアドレスを登録して、日々配信される情報を試しにでも一度チェックしてみることをおすすめします。

新生ジャパン投資の画像

TOP

Copyright © 2022 デイトレードのカタチ All Rights Reserved.