3919 パイプドHDのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りします。

  1. デイトレードのカタチ >
  2. デイトレ銘柄一覧 >
  3. 3919 パイプドHD

3919 パイプドHD

3919 パイプドHDのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りしていきます。

3919 パイプドHDの最新デイトレ銘柄コメント

(2022/04/11:前日比-14.28%下落)

大幅続落。8日の大引け後、22年2月期の決算を発表。営業利益が16億6000万円(前年比16.3%増)で着地。しかし併せて発表した23年2月期業績予想については、同利益を15億円(前期比9.6%減)と減益見通しとしたことが嫌気されているもよう。新型コロナウイルス感染症のワクチン接種予約フォームなど一過性の案件需要の収束から反動減の影響がでるとみているようだ。

▼現在出ている「買いシグナル」
RSI
25日移動平均乖離率
75日移動平均乖離率
75日線形回帰トレンド
ボリンジャーバンド

▼現在出ている「売りシグナル」
一目均衡表
デッドクロス

3919 パイプドHDの株価チャート

3919 パイプドHDの株価チャート

3919 パイプドHDの銘柄情報

事業内容

2015年にパイプドビッツが株式移転により設立した持株会社。子会社などを通じて、クラウド活用のデータ管理プラットフォーム「スパイラル」、電子投票ソリューションの提供、政治・選挙プラットフォーム「政治山」などの運営

企業情報

商号パイプドHD株式会社
上場2015年9月1日
本社所在地〒107-0052 東京都港区赤坂二丁目9番11号オリックス赤坂2丁目ビル10階
HPパイプドHDHP

3919 パイプドHD過去のデイトレ銘柄コメント

(2021/7/1:前日比19.49%上昇)

大幅反発、年初来高値を更新。6月29日大引け後に22年2月期第1四半期(3-5月)決算を発表。営業利益は前年同期比94%増の5億4900万円と大幅に伸びて着地。また通期予想については同利益を14億円から15億円(前期比5.1%増)へ増額修正した。情報資産プラットフォーム「スパイラル」新型コロナウイルス対策関連の急を要するシステム案件で受注が好調だった。また、金融業界をはじめとした多くの業界でオンライン化やDX需要が継続しており、業績に寄与した。

(2020/4/13:前日比-17.45%下落)

パイプドHDが急落。10日大引け後に20年2月期の連結決算を発表、経常利益は14億0200万円と前期比3.56倍に大幅拡大となった。しかし、21年2月期業績予想は9億5000万円と前期比32.2%減益と大きく落ち込む見通しとなり、嫌気された。前期はクラウド活用をしたデータ管理プラットフォーム「スパイラル」が拡大、好調だった。しかし今期は新型コロナウイルス感染症の影響が懸念されるため、非常事態の比較的早期回復時と上期末の8月末まで継続する場合とを想定した予想を開示したとしている。

(2020/1/8:前日比-8.70%下落)

昨年12月27日に20年2月期第3四半期決算を発表しており、連結経常利益が9.2億円と前年同期比3.4倍に急拡大となり株価は急騰。年明け後は利益確定売りが優勢になるなど反動安が続いている。また、12月30日付で貸株注意銘柄に指定されており、これも影響していると見られる。

(2019/12/30:前日比19.87%上昇)

急騰、上場来高値を更新。27日大引け後に決算を発表しており、好感されている。20年2月期の第3四半期累計(19年3~11月期)連結決算は、売上高は前年同期比11.8%増の45億0500万円、純利益は同3.6倍の5億8500万円と上振れて着地となった。主力の情報管理プラットフォーム事業が好調で、幅に売上拡大したことが要因としている。通期予想は据え置いたが、進捗率は約84%と高くなっている。

3919 パイプドHDに関連するテーマ

3919 パイプドHDが含まれるテーマは以下の通り。関連株・関連銘柄探しの際の参考にしてください。

業種:

新生ジャパン投資の画像

TOP

Copyright © 2022 デイトレードのカタチ All Rights Reserved.