4564 オンコセラピー・サイエンスのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りします。

  1. デイトレードのカタチ >
  2. デイトレ銘柄一覧 >
  3. 4564 オンコセラピー・サイエンス

4564 オンコセラピー・サイエンス

4564 オンコセラピー・サイエンスのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りしていきます。

4564 オンコセラピー・サイエンスの最新デイトレ銘柄コメント

(2021/7/19:前日比-25.93%下落)

急落、年初来安値を更新。16日の大引け後、【4507】塩野義製薬にライセンスアウトしている食道がんに対する特異的ペプチドワクチンS-588410の第3相臨床試験の完了と解析結果について発表。本試験の主要評価項目である無再発生存期間に関して、プラセボ群との比較で統計学的な有意差は認められなかったとした。契約締結先の塩野義製薬と今後の開発計画について協議を継続していくという。研究開発方針を検討し変更が発生した場合は、速やかに公表するとしている。

4564 オンコセラピー・サイエンスの株価チャート

4564 オンコセラピー・サイエンスの株価チャート

4564 オンコセラピー・サイエンスの銘柄情報

がん分子標的治療薬の開発に適した標的遺伝子の発現様式や局在、機能、免疫原性など、遺伝子の特性に応じて、様々な角度から創薬研究・開発

商号オンコセラピー・サイエンス株式会社
上場2003年12月8日
本社所在地〒213-0012 川崎市高津区坂戸3−2−1
HPオンコセラピー・サイエンスHP

4564 オンコセラピー・サイエンス過去のデイトレ銘柄コメント

(2020/10/6:前日比-14.21%下落)

オンコセラピー・サイエンスは大幅続落。5日、ノーベル医学・生理学賞の受賞者が発表された。C型肝炎ウイルス発見によって多くの慢性肝炎の原因を明らかにし治療薬開発の道を開いたとして、アメリカとカナダから3名の研究者が受賞した。有力候補として名前が挙がっていた東京大学名誉教授の中村祐輔氏が受賞しなかったことから、同氏が創業者の一人であるとして注目を集めていた同社株に売りが出たようだ。

(2020/9/24:前日比32.62%上昇)

オンコセラピー・サイエンスが急騰、一時ストップ高に。23日、アメリカの学術情報サービス会社のクラリベイト・アナリティクスが今年のノーベル賞候補として24人を発表。その中に、がん研究会がんプレシジョン医療研究センター所長で東京大学名誉教授の中村祐輔氏がノーベル化学賞候補に挙げられた。中村氏は同社の創業者の一人で筆頭株主でもあることから、同社株が関心を集めているようだ。

(2020/6/9:前日比35.21%上昇)

がん治療ワクチンの創薬ベンチャーであるオンコセラピー・サイエンスが急騰、ストップ高に買われ年初来高値を更新した。現在、対新型コロナウイルス感染症のワクチンなどが連日注目され続けている。中でも低位株である【2191】テラへの関心は高く、テラと同じく東京大学医科学研究所発祥の同社へも連想買いが流入しているようだ。ほかにも【2370】メディネットなども東京大学医科学研究所発のバイオベンチャーで5月下旬に人気化し年初来高値を更新している。

(2020/1/17:前日比28.24%上昇)

オンコセラピーは大幅続伸。第30回新株予約権4万3049個(430万4900株)の20年1月1日から1月16日の期間における大量行使を発表した。発行総数の14.69%に相当。この大量行使いより株式価値の希薄化懸念が後退し、買いが向かった。また、16日に【4507】塩野義製薬ライセンスアウトしているがん特異的ペプチドワクチンの食道がん患者を対象とした第3相臨床試験でマイルストーンが発生したことも発表している。

4564 オンコセラピー・サイエンスに関連するテーマ

4564 オンコセラピー・サイエンスが含まれるテーマは以下の通り。関連株・関連銘柄探しの際の参考にしてください。

業種:

新生ジャパン投資の画像

TOP

Copyright © 2022 デイトレードのカタチ All Rights Reserved.