4586 メドレックスのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りします。

  1. デイトレードのカタチ >
  2. デイトレ銘柄一覧 >
  3. 4586 メドレックス

4586 メドレックス

4586 メドレックスのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りしていきます。

4586 メドレックスの最新デイトレ銘柄コメント

(2022/07/04:前日比+17.70%上昇)

急反発、年初来高値を更新。1日大引け後、出願中の「メマンチン含有経皮吸収型液剤」について特許庁から特許査定が通知されたことを発表。本特許は同社独自の経皮吸収技術NCTSを用いたアルツハイマー治療貼付剤MRX-7MLLをカバーするもので、特許の有効期間は2038年までとなっている。すでに米国でも登録されており、欧州、中国でも権利化を目指すとしている。なお、本件が22年12月期業績に与える影響はない。

▼現在出ている「買いシグナル」
一目均衡表

▼現在出ている「売りシグナル」
RSI
75日移動平均乖離率
75日線形回帰トレンド
ボリンジャーバンド

4586 メドレックスの株価チャート

4586 メドレックスの株価チャート

4586 メドレックスの銘柄情報

事業内容

独自の経皮吸収型製剤技術を基軸とした医薬品開発。無痛経皮投与システムを可能とする生体分解性樹脂から成る微小針集合体「マイクロニードルアレイ」の研究開発。

企業情報

商号株式会社 メドレックス
上場2013年2月13日
本社所在地〒769-2712 香川県東かがわ市西山431-7
HPメドレックスHP

4586 メドレックス過去のデイトレ銘柄コメント

(2022/03/10:前日比+23.53%上昇)

メドレックスが急騰。9日大引け後、同社が出願中の「マイクロニードル貼付剤」について、米国特許商標庁(USPTO)より特許査定の通知があったことを発表。本特許はマイクロニードルの皮膚への固定性を高める技術に関するもので、同社のマイクロニードル技術の特徴である「簡便で確実な投与」を実現するための基本技術の一つ。有効期間は2037年まで。米国のほか日本においても出願・審査中とのこと。本件が22年12月期業績に与える影響はないとしている。

(2021/12/03:前日比+38.46%上昇)

大幅続騰、ストップ高に。2日の寄り付き前、中小企業庁の事業再構築補助金に同社が応募した「貼り薬から新型コロナウイルスワクチン・マイクロニードル製剤への新分野展開」が採択されたことを発表。新型コロナウイルスワクチンをはじめとする様々なワクチンのマイクロニードルでの投与実現を目指し、本補助事業においてワクチンマイクロニードル製剤の製造装置(ワクチン抗原などをマイクロニードルに塗布・装填する装置)を設計・導入する。補助事業期間は交付決定日から12カ月、補助金額は最大6000万円。微小針の集合体であるマイクロニードル製剤は、従来の注射剤と比べて高い免疫効果が期待されている。

(2020/5/25:前日比22.66%上昇)

メドレックス急騰、ストップ高。22日の大引け後、同社グループと【4576】デ・ウエスタン・セラピテクス研究所が米国で共同開発している帯状疱疹後の神経疼痛治療薬MRX-5LBT(リドカインテープ剤)について、米国食品医薬局と新薬承認申請に向けた会議を実施。準備を進めている資料が承認申請に十分なものであると確認できたことを発表した。予定通り20年中に新薬承認申請を行う見込みだという。

(2020/4/23:前日比25.32%上昇)

メドレックス急騰、ストップ高に。22日の大引け後、国内出願中の「薬剤でコーティングされたマイクロニードルアレイの製造方法」について特許庁から特許査定を取得したことを発表し、買い材料となっている。同社のマイクロニードル技術の特徴である「自己投与可能かつ確実な投与を実現する」ことに関連した特許の一つで、十分な穿刺性を保持したままマイクロニードルアレイに薬物やワクチン抗原を塗着する製法に関するものとのこと。本特許の有効期間は34年までとなっている。

4586 メドレックスに関連するテーマ

4586 メドレックスが含まれるテーマは以下の通り。関連株・関連銘柄探しの際の参考にしてください。

業種:

新生ジャパン投資の画像

TOP

Copyright © 2022 デイトレードのカタチ All Rights Reserved.