6664 オプトエレクトロニクスのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りします。

  1. デイトレードのカタチ >
  2. デイトレ銘柄一覧 >
  3. 6664 オプトエレクトロニクス

6664 オプトエレクトロニクス

6664 オプトエレクトロニクス のデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りしていきます。

6664 オプトエレクトロニクス の最新デイトレ銘柄コメント

(2022/06/24:前日比-5.76%下落)

オプトエレクトロニクスは急反落。23日大引け後、22年11月第2四半期累計(21年12月-22年5月)決算を発表。売上高は35億5700万円(前年同期比21.9%減)、営業利益は2億9700万円(同60.7%減)と大幅な減収減益で着地した。 日本国内においては工場や医療機器向けを中心にモジュール・ハンディスキャナ・定置式スキャナなどが寄与したが、アメリカにおいては、前年度の特需案件が終了したことから売上が大幅に減少した。通期予想は従来の数値を据え置いている。

▼現在出ている「買いシグナル」
ありません

▼現在出ている「売りシグナル」
MACD

6664 オプトエレクトロニクス の株価チャート

6664 オプトエレクトロニクス の株価チャート

6664 オプトエレクトロニクス の銘柄情報

事業内容

自動認識専業メーカー。バーコードスキャナ、2次元イメージャ、1次元レーザ/CCDのモジュールエンジン光学応用機器を企画・開発・製造・販売を行うメーカー。国内外で高シェア。

企業情報

商号株式会社オプトエレクトロニクス
上場2004年11月17日
本社所在地埼玉県蕨市塚越4丁目12番17号
HPオプトエレクトロニクス HP

6664 オプトエレクトロニクス 過去のデイトレ銘柄コメント

(2021/9/27:前日比-13.33%下落)

オプトエレクトロニクスが急落。24日大引け後に21年11月期第3四半期累計(20年12月-21年8月)決算を発表。営業利益は11億2100万円の黒字(前年同期実績2億9700万円の赤字)に転換して着地。日本国内ではモジュール製品・スキャナとなった。米国では2次元ハンディスキャナー「L-22X」が新型コロナウイルス感染症の検査装置の付属機器として採用されるなど第2四半期までの特需案件が寄与した。しかし通期の同利益予想を10億3000万円に据え置いており、材料出尽くしの見方が先行したもよう。

(2021/3/26:前日比17.45%上昇)

大幅続騰で昨年来高値を更新、大引けでストップ高比例配分に。25日大引け後に21年11月期第1四半期(20年12月-21年2月)の連結決算を発表。営業利益は2億9500万円の黒字(前年同期実績2億4100万円の赤字)に転換して着地。米国において、2次元ハンディスキャナ「L-22X」が新型コロナウイルス感染症等の検査装置の付属機器として採用されたことで需要が増加した。通期予想は据え置いたが、上振れを期待する買いが入ったもよう。

(2020/12/25:前日比20.15%上昇)

オプトエレクトロニクスが大幅続伸、ストップ高比例配分に。24日大引け後に20年11月期連結決算を発表、営業利益が3億0800万円の赤字(前年実績1200万円の黒字)に転落。新型コロナの影響から開発延期や営業活動が停滞したことが主因としている。しかし、併せて発表している21年11月期の営業損益予想を4億1300万円の黒字の未恋であることを発表し、これが好感されている。新型コロナの影響が比較的少ない日本で新規および休眠顧客の開拓、光学文字認識(OCR)を付加価値としたバーコード読み取りとは異なる用途での拡販などを積極的に展開し、売上高の回復を目指すという。米国においては2次元ハンディスキャナの案件が継続見込みとなっている。

6664 オプトエレクトロニクスに関連するテーマ

6664 オプトエレクトロニクスが含まれるテーマは以下の通り。関連株・関連銘柄探しの際の参考にしてください。

業種:

新生ジャパン投資の画像

TOP

Copyright © 2022 デイトレードのカタチ All Rights Reserved.