6778 アルチザネットワークスのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りします。

  1. デイトレードのカタチ >
  2. デイトレ銘柄一覧 >
  3. 6778 アルチザネットワークス

6778 アルチザネットワークス

6778 アルチザネットワークス のデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りしていきます。

6778 アルチザネットワークス の最新デイトレ銘柄コメント

(2022/06/03:前日比-9.18%下落)

大幅反落。2日の大引け後に22年7月期第3四半期累計(21年8月-22年4月)決算を発表。一部会計基準の変更に伴い前年比較はないが、営業利益は14億4600万円と通期計画を上回って着地となった。5Gのフラッグシップ製品となる「DuoSIM-5G」国内の通信事業者及び基地局メーカーに拡販したことなどが寄与したようだ。しかし通期業績予想を据え置いており、目先の材料出尽くし感から売り優勢の展開となったもよう。

▼現在出ている「買いシグナル」
ありません

▼現在出ている「売りシグナル」
ストキャスティクス
MACD

6778 アルチザネットワークス の株価チャート

6778 アルチザネットワークス の株価チャート

6778 アルチザネットワークス の銘柄情報

事業内容

通信計測機メーカー。通信インフラ構築に使用される通信計測機、通信インフラの保守、運用管理。ネットワーク・マネジメント・システムの開発、販売、各種通信機器の開発、販売。

企業情報

商号株式会社アルチザネットワークス
上場2001年7月19日
本社所在地東京都立川市曙町2丁目36番2号 ファーレ立川センタースクエア
HPアルチザネットワークス HP

6778 アルチザネットワークス 過去のデイトレ銘柄コメント

(2021/6/4:前日比-8.32%下落)

アルチザネットワークスが急落。3日大引け後に21年7月期第3四半期累計(20年8月-21年4月)決算を発表。営業利益は7億8900万円(前年同期比2.5倍)と大幅増益で着地となったが、上半期6億7300万円(同2.6倍)に対し2-4月期は1億1600万円と期待値を下回る結果だったようだ。また通期予想を上方修正したが、従来計画の7億8000万円から7億8900万円(前期比80.1%増)と増額幅が小さく失望売りが出たもよう。期末配当については創立30周年記念配当5円を加えて12円から17円に増額。

(2021/3/5:前日比13.37%上昇)

急騰。4日大引け後に21年7月期第2四半期累計(20年8月-21年1月)の連結決算を発表。営業利益が6億7300万円(前年同期比2.6倍)と急拡大で着地。通期計画の7億8000万円に対する進捗率が86.3%に達しており、増額修正への期待が高まる。通信事業者向けの5G対応製品の販売が順調だったことや基地局メーカー向けのテストサービスが堅調となったことなどが寄与した。また、NTTドコモが30年に向けて技術開発を進めている5G evolutionおよび6G分野における3GPP標準化業務において協力することも発表。

(2020/9/4:前日比-10.41%下落)

アルチザネットワークスが大きく値を下げている。3日大引け後に20年7月期決算を発表、連結経常利益は3億9900万円(前年比6.0倍)と大幅増益で着地した。21年7月期の同利益も4億6300万円(前期比16.0%増)へ増益見通しとし、年間配当も12円と前期比6円増の計画とした。そかし決算以前より株価は上昇をはじめており、好決算発表で材料出尽くしとの見方が優勢となった。

(2020/6/5:前日比22.99%上昇)

急騰、ストップ高。4日大引け後に20年7月期第3四半期決算を発表。営業利益が3億1700万円(前年同期実績3億8300万円の赤字)へと大きく黒字転換した。併せて発表している業績予想も増額修正し、同利益を従来の2億5000万円から3億7000万円とした。国内での5G向け製品の販売が予想を大きく上回り堅調だったことが奏功した。期末一括配当についても従来の3円から6円に引き上げた。また、【6701】NECや【9437】NTTドコモへ5Gテストソリューションを納入したことなども発表。

6778 アルチザネットワークスに関連するテーマ

6778 アルチザネットワークスが含まれるテーマは以下の通り。関連株・関連銘柄探しの際の参考にしてください。

業種:

新生ジャパン投資の画像

TOP

Copyright © 2022 デイトレードのカタチ All Rights Reserved.