4169 ENECHANGのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りします。

  1. デイトレードのカタチ >
  2. デイトレ銘柄一覧 >
  3. 4169 ENECHANG

4169 ENECHANG

4169 ENECHANGのデイトレ銘柄情報。急騰・急落などの値動きから銘柄動向を深掘りしていきます。

4169 ENECHANGの最新デイトレ銘柄コメント

(2022/06/23:前日比-11.40%下落)

急反落。23日付の日本経済新聞電子版で、帝国データバンクによると8日時点で事業停止が判明した新電力会社の数が3月30日時点の3倍の104社となったと報じている。ウクライナ危機に伴う燃料価格の高騰で電力の調達価格が上がり、経営環境は悪化。電気の販売価格を上げるも調達価格の上昇幅のほうが大きく、コスト吸収が追い付いていないようだ。電力・ガス切り替えプラットフォームを運営している同社に対し、掲載先の事業停止を懸念する動きとなったもよう。

▼現在出ている「買いシグナル」
ありません

▼現在出ている「売りシグナル」
RSI
25日移動平均乖離率
75日移動平均乖離率
75日線形回帰トレンド
ボリンジャーバンド

4169 ENECHANGの株価チャート

4169 ENECHANGの株価チャート

4169 ENECHANGの銘柄情報

事業内容

電力・ガス会社向けクラウド型DXサービス。個人・法人向け電力・ガス切り替えサービス『エネチェンジ』の運営など。

企業情報

商号ENECHANGE株式会社
上場2020年12月23日
本社所在地東京都千代田区大手町2-6-2日本ビル 3F
HPENECHANGE HP

4169 ENECHANG過去のデイトレ銘柄コメント

(2022/06/09:前日比+14.35%上昇)

続騰、ストップ高。8日大引け後、同社が共同運営する海外特化型の脱炭素エネルギーファンド「Japan Energy ファンド」の第2号ファンドに、新たに三井住友信託銀行が出資することを発表。本ファンドはエネルギー分野に特化した「日本企業による海外への脱炭素エネルギー投資促進」を通じ、持続可能な社会の実現を目指すことを基本方針としている。同銀は脱炭素に資する事業や企業、ファンドを含めた各種領域において2030年度までに累計 5000億円の投資を計画。本ファンドへの投資はその一環として実施される。

(2022/05/24:前日比+9.68%上昇)

反発、一時ストップ高に。20日大引け後、千葉県にある米原ゴルフ倶楽部のビジター向けに、月額利用料なしで都度充電が可能なエネチェンジEV充電サービスの普通充電器2基を設置したことを発表。千葉県へは初の設置となる。米原ゴルフ倶楽部では「廃プラスチック削減運動」に賛同し環境維持への貢献および社会貢献活動に取り組んでおり、環境を意識するプレイヤーに選んでもらえるゴルフ場作りを目指し充電サービスの導入に至ったとしている。また、23日付でSBI証券が投資判断「買い」を継続、目標株価は2200円から2500円へ引き上げた。

(2022/03/28:前日比-16.16%下落)

ENECHANGEが急落、ストップ安を付け上場来安値更新を更新。26日、主要顧客の1社であるエルピオ(千葉県市川市)が、4月30日で電力小売事業「エルピオでんき」の全エリア・全メニューのサービス提供の停止を発表した。エルピオの同社経由のユーザー数は約3万9000件で全体のユーザー数のうち約10%となっており、21年12月期にはエルピオから売上高は5億8400万円計上している。想定約14万件のエルピオのユーザーに対して他の電力会社への契約切替キャンペーンを支援し売上高見込みを維持していく方針としているが、業績への影響を警戒する売りが出ているようだ。

(2021/11/29:前日比-17.71%下落)

急落、ストップ安に。26日大引け後、75万株の新株発行と55万2000株の株式売り出しの実施を発表。また最大19万5000株のオーバーアロットメントによる売り出しも実施。発行価格は12月7日から9日までのいずれかの日に決定する。約55億円を調達し、プラットフォーム事業でのプロモーションやセールス・マーケティング体制強化のための投資資金や自社サービスの拡充、データ事業の成長に資する資金に充てるという。一時的な需給の悪化や株式価値の希薄化などを懸念した売りが優勢となった。併せて21年12月期業績予想の修正を発表しており、未定としていた最終損益を1億円の赤字(前期実績1600万円の赤字)に落ち込む見通しとした。

(2021/10/21:前日比-9.71%%上昇下落)

急落。20日、東京証券取引所と日本証券金融は21日売買分より信用取引に関する臨時措置の実施を発表した。東証は新規の売付け及び買付けに係る委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)、日証金も同様に貸借取引自己取引分及び非清算者ごとの清算取次貸借取引自己取引分の貸借担保金率を50%(うち現金20%)とした。株価は直前まで大幅に上昇していたが、規制により売買が低調になることを懸念した売りが出たようだ。

(2021/1/6:前日比-13.65%%上昇下落)

ENECHANGEが大きく値を下げている。消費者向け電力・ガス切り替えプラットフォーム「エネチェンジ」の運営のほか、エネルギー事業者向けクラウド型DXサービス「EMAP」及び「SMAP」などを展開しており、ストップ高を含め前日までは連騰していた。しかし、公開価格から10倍高となるなどで高値警戒感も台頭していたことや、本日行われているジョージア州の上院決選投票開票の結果によってはバイデン大統領のエネルギー政策が期待したように進まないのではないかとの見方もでていることから売り優勢の展開となったようだ。

(2021/1/5:前日比12.50%%上昇下落)

続騰、一時ストップ高を付け上場来高値を更新。12月23日に東証マザーズに新規上場した直近IPO銘柄で、上場2日目に公開価格600円から4.0倍の2400円で初値をつけた。以降上場8日目となる本日まで上昇を続け6600円となり、公開価格から10倍高となるテンバガーに到達。消費者向け電力・ガス切り替えプラットフォーム「エネチェンジ」の運営のほか、エネルギー事業者向けクラウド型DXサービス「EMAP」及び「SMAP」などを展開しており、再生可能エネルギーの普及が進めばサービス利用者の増加が見込めると期待が寄せられている。

(2020/12/28:前日比21.98%%上昇下落)

ENECHANGEが続騰、ストップ高をつけ上場来高値を更新。東証は25日に市場再編として22年4月にから新たにプライム・スタンダード・グロースの3区分を設ける改革案を発表。同じく25日配信の日本経済新聞電子版記事「東証市場再編 プライム 昇格ハードル高く」にて、同社の城口洋平・最高経営責任者(CEO)のインタビューを掲載。同氏は「5~10年後には売上高100億円を達成し、基準を満たしてプライム市場への昇格を果たしたい」と話したという。厳しい基準が要求されるプライム市場への昇格を目指すとしたことを好感した買いが入った。

4169 ENECHANGに関連するテーマ

4169 ENECHANGが含まれるテーマは以下の通り。関連株・関連銘柄探しの際の参考にしてください。

業種:

無料で使える!明日のデイトレ銘柄の情報源
株エヴァンジェリスト

デイトレに特化した投資顧問(株情報サイト)。株-1グランプリ優勝経験者で投資の女神の異名を持つ「結城はるみ(旧:向後はるみ)」をストラテジー顧問に迎え、独自のサービスで会員をサポート!!

  • デイトレに特化した独自の情報サービスを提供!!
  • 多数の投資メディアで活躍する「結城はるみ」がストラテジー顧問として活躍!!
  • メンバー限定の豊富なコンテンツが無料で利用可能!!
株エヴァンジェリスト

朝・夕の市況レポートの配信をはじめ、銘柄診断サービス、所属アナリストが厳選する「最短即日」極短期急騰候補株の情報など、豊富な無料コンテンツが利用可能!!

  • 「いま」が買い時 急騰候補株を無料で配信中!!
  • 保有株・注目銘柄の今後を所属アナリストが無料で診断!!
  • 見逃せないタイムリーな市況情報が手軽に届く!!

TOP

Copyright © 2022 デイトレードのカタチ All Rights Reserved.